歯科で歯を真っ白にする

歯科では歯の汚れを落として美白にしてくれるクリーニング治療を受けることができます。毎日正しい方法で歯を磨いていても、ある程度の汚れは溜まってくるものです。コーヒーや赤ワインなどは着色しやすい性質があるので、歯科で除去していく必要があるでしょう。沈着した汚れは通常のブラッシングで落とすことは難しく、無理に落とそうとするとエナメル質を傷つけてしまうのです。ステインを除去するだけで美白が実現するので、定期的に歯科でクリーニングを受けておくといいでしょう。歯石も除去してくれるので、歯の表面がツルツルになるはずです。歯をツルツルにするメリットは大きく、汚れの付着を抑えることができます。汚れが付着してザラザラになると、その部位にさらに汚れが溜まるという悪循環になるわけです。歯科でクリーニングを受けておくことで本来の美白を取り戻すことができ、歯垢が歯石に変化するのも防いでくれます。歯をツルツルにしておくことは歯磨き効果を高めるための基本でもあります。洗口液を使用する理由も、歯をツルツルにして汚れが付着しにくくするためです。美白クリーニングの頻度は、歯が黄色・茶色に変色してブラッシングで落とせなくなったときです。

↑PAGE TOP

Menu