• トップ /
  • 歯科での美白治療と通院

エナメル質の美白化は大人気

歯科での美白治療と通院

歯科美白治療のための通院

歯科で行う美白治療のために、通院が必要なタイプと、1日完結の種類があります。人間の歯は毎日歯磨きをしていても、歯の表面が黄色くなったり、黒ずみを生じてくるのは普通のことです。表面上に付着をした色素汚れは、歯科での美白治療をすることで、もとの明るい歯の色へと戻すケアができます。通院が必要なのはホームホワイトニングの方であり、通院といっても、マウスピースを作るので、最低でも2回はラインをするという意味です。最初に口腔内の健康状態をチェックして、虫歯もなく問題がなければ、ホームホワイトニング用のマウスピースの型どりをします。仕上がりまでに少し期間が必要なので、2回目に来院をした時に、自分だけのマウスピースと薬剤を受け取り、その後はホームケアの開始です。自宅でのケアは自分のペースでできることから、気楽な歯のホワイトニングをすることができます。通院の必要のない歯科の美白は、歯科医院でその日に歯を白くする、オフィスホワイトニングの治療を受ける方法です。専用の白くする薬剤を歯の表面に塗布して、専用のライトを当てて施術を行います。トータル時間は1時間ほどであり、歯科医院で歯を白くする治療は完結します。

↑PAGE TOP

Menu